TOP

風俗は何歳になっても楽しめる!そんな風俗で遊んだ時の体験談です。

風俗でチャレンジして、今の自分がいる

今の自分がいるのは間違いなく風俗でいろんなチャレンジをしたからだなって。いろんなチャレンジをすることによって、どうすればより一層楽しむことが出来るのかや、自分にはどんな女の子が合うのかなど、普通に生活を送っているだけではきっと気付くことが出来なかったであろうことに気付くことが出来たんですよね。それってある意味ではかなり貴重なことなんじゃないのかなって思ったんですよ(笑)だって自分の性欲に関してちゃんと答えられる人って、あんまりいないんじゃないかなって思うんですよ。そもそも、そういったことを意識する必要もないじゃないですか。でも、風俗で遊ぶことによって自分がどんな性欲を持っているのかや、その性欲を満たすためには何が必要なのかなど、いろいろなことが見えてくるようになったんじゃないのかなって思うんです。だから風俗のおかげで、自分は男としてかなり楽しい人生を送ることが出来ているんじゃないのかなって。


風俗で遊んでいると、自分の気持ちも高まるんです

風俗で遊んでいると、別に意識している訳じゃないんですけど自分の気持ちは高まりますよね。自分でモチベーションを高めようとか、絶対に盛り上がろうって思っている訳じゃないんです。気付けばテンションが高くなっている自分がいると言うか…本能を満たしているからこそなのかなとも思いますし、そんな難しい理屈を抜きに、風俗って女の子と楽しむ空間じゃないですか。男にとって女の子の存在ってとっても大きな物だと思うんですよ。それこそ小さい頃から女の子がいるだけでついついテンションが高くなるって人だって決して珍しくないんじゃないのかなって思いますので、風俗で遊ぶのであればやっぱりそういったことも含めて自分でちゃんと計画的に楽しむのが良いんじゃないのかなって思いはありますよね。むしろそれが一番のメリットでもあるんじゃないのかなって思ったら、風俗で遊ぶのであればそういった点も含めて気持ちを満たすためのものだなって意識するんです。

どうせ退屈だからこそ、風俗かなと

休日と言っても特に何もやることはありません。恋人もいなければ、休日に待ってましたといわんばかりに何かやりたいことがある訳でもないんです。それなら別に風俗は平日の夜に急いで、それこそ終電を気にしたり多くのお客さんがいる中で待つよりは、休日に余裕のある時に遊んだほうが断然良いんじゃないのかなと思うんですよね。だから最近では休日に遊ぶ方が圧倒的に増えているんですよ。それこそ風俗って相手の問題だってあるじゃないですか。自分の楽しみたいって気持ちももちろんですけど、相手の女の子のコンディションの問題もあると思うんですよね。お客が多い時には女の子としてもどうしても疲労が出ると思うんですよ。一度に相手をできるのは一人でも、休む間もなく相手をしていたらやっぱりそれはそれで大変なんじゃないのかなって思うんですよ。だから休日の方が女の子としてもあんまり疲れていないんじゃないのかなって気がするのと、どうせ休日は暇なので風俗です。